コンタクトレンズ処方

コンタクトレンズ

コンタクトレンズは眼鏡に比べ装用時の視野も広く見え方も自然で、見た目にも目立たないため視力矯正の方法に使用されている方は大変多くなっています。

眼科専門医・コンタクト専門スタッフに相談をして自分のライフスタイルにあった正しいコンタクトレンズを選んで下さい。

快適な毎日のためにお役立て頂くためにも、必ず眼科専門医の診察を受け取り扱い方法を守ってご使用ください。

当院でのコンタクトレンズの扱い

当院では、コンタクトレンズの指示書の発行のみは行っておりません。

 

薬の処方箋とは異なり眼鏡・コンタクトレンズの指示書には、販売者側に法規規制がありません。講習会を受けた管理者を置くという規則こそありますが、指示書以外のもを販売しても罰せられる事はありません。

 

以前、当院で発行した指示書と異なる種類のレンズを販売されたり、勝手に度数変更をされた事があるため、信用のある販売店での購入をお願いしております。

コンタクトレンズの検査について

コンタクトレンズの性質上、黒目(角膜)が痛んでいたり、目の奥に病気があってコンタクトの使用ができない場合があります。

また眼鏡・コンタクトレンズの度数を決定する際に、見かけ上の近視がある方の場合、度が強すぎる(過矯正)ものになる可能性があります。

このため、当院で初めてコンタクトを処方する方には視力検査だけではなく、眼底検査を含めたトータルな検査を行っております。このため、お時間がかかったり、初回ではコンタクト処方ができない場合がありますのでご了承下さい。

なお、保険診療の関係上各種検査した場合も、しない場合も検査にかかる金額には変わりません。

当院の検査料

施設基準1に該当し、下記料金がかかります。

 

初診 473点 1割負担470円 3割負担1,410円



再診 271点 1割負担270円 3割負担810円

トップページ / 診療案内 / 手術案内 / 白内障手術について / 施設案内 / アクセス

眼科のあれこれ / 目の病気 / コンタクトレンズ処方 / 斜視・弱視訓練について / お問い合わせ

(c) Sinkawa Central Eye-Clinic, 2015